ストレスを感じるとわき汗の量が増える!?

紹介画像

ストレスとわき汗は密接に関係してきます。
例えば、学校での出来事。
授業中、先生に当てられて答えが間違えていたらどう感じますか?ほとんどの人は「恥ずかしい・・・。」と感じるはずです。この「恥ずかしい」がストレスを溜めているのです。

 

会社の場合でも同じです。
会議などでプレゼンを行う際、かなり「緊張」すると思います。その際に心の中では少なからずストレスを感じているのです。

 

この両者のストレスを感じた直後、わきにはある変化が起きているのです。
それは、”わき汗”です。

 

ストレスは汗の発汗を促す作用があるので、恥ずかしい思いをしたり、緊張したりするとストレスが溜まり、結果的に体の変化として汗が大量に出てくるのです。

 

ストレスをためるとワキガの臭いも強くなる!?

ストレスにより、体の中でアドレナリンや男性ホルモンが多く分泌されると、脇汗の分泌量も多くなります。
このわき汗はアポクリン汗腺から分泌された汗になりますので、汗自体がベタベタしているのが特徴的です。

 

これがワキガ臭の元になる原因菌なのです。

 

これが外部からの雑菌などが結びつく事で、わきから強い臭いが漂ってくるわけなのです。

 

ここで一つ疑問が!
アポクリン汗腺が増えるともっと臭いも酷くなるのか?

 

答えは「No!」です。

 

安心してください。ストレスによってアポクリン汗腺が増える事はないのです。

 

ではなぜ、わきから強い臭いを感じるのかと言うと、元からあるアポクリン汗腺からストレスによって刺激され、汗腺が活性化してしまうのです。
それにより、臭いの原因菌が大量に分泌される訳なのです。

 

この強い臭いこそが”ストレス性ワキガ”の可能性が高いのです。

 

人によっては無臭の人もいますので、一概に全員がストレス性ワキガとは限りません。

 

 

肥満気味の人は要注意!

なぜ肥満気味の方は、わきの臭いに要注意なのか?その答えは”皮下脂肪”に隠されているのです。

 

太り気味の人達は大方、肉類や乳製品を好むと思われます。この肉類や乳製品などの食べ物には”動物性たんぱく質”や”脂肪分”が多く含まれています。

 

これにより、皮下脂肪がどんどん増加してしまいます。肥満により、皮下脂肪が増えると、アポクリン汗腺や皮脂汗腺が活発に働いてしまうのです。先ほども言いましたが、アポクリン汗腺や皮脂汗腺が活発に働く事で臭いの原因菌が大量に体外へ分泌されます。

 

その結果、強い臭いをより発するようになってしまうのです。だから、肥満気味の方の多くは「強い臭い」を持ってしまうのです。

 

ストレスや肥満で多汗症も併発しやすい!?

ストレスや肥満により、ワキガ体質に近づいてしまっていると思いきや、多汗症の疑いも出てしまう可能性があるのです。
ストレスでわきの臭いを感じるようになった際、多汗症も併発しやすくなってしまうのです。

 

原因は極度のアドレナリンや男性ホルモンの分泌量増加で「汗をかきやすい体質」になってしまうからです。

 

また、肥満気味の人は痩せている人よりも皮下脂肪が多くなりますよね。この皮下脂肪が多すぎると体内の熱を放出しにくくなってしまうのです。
その為、体温が下がりにくくなり、体が体温を下げようと「大量に汗をかいてしまう」のです。

 

この「汗をかきやすい体質」になってしまうと「多汗症」の疑いもなきにしもあらずなのです。

 

ストレス性ワキガを軽減させるには?

ストレスによってわきの臭いが強くなってしまった場合、アポクリン汗腺が活性化している為、止める事はできません。
完全に治療するのであれば、専門病院や専門クリニックなどで手術する他方法はありません。
でも、手術には高額な費用や体にメスを入れる事がある為、抵抗する人が多いのです。

 

手術以外でワキガ臭を軽減させる方法はないのだろうか?

 

軽減させる方法はあります!

 

完治しないにしても、1日中臭いを抑えることが出来ればそれで大丈夫と言う人は中にもいらっしゃいます。

 

ポイントはストレスを解消すること!です。

 

わきがを気にし過ぎない

趣味に没頭する

わき対策アイテムを駆使する

リラックスできる時間を設ける

肉中心の生活をやめる

 

このポイントを実践することができれば、ワキガ臭を気にならなくなるレベルまで持ってこられると思います。

 

 

 

当サイトオススメ!強いわきの臭いを軽減できるワキガクリーム!