第一印象は営業マンにとって必須のスキル!

営業マン 第一印象 

 

営業マンにとって第一印象はものすごく大事で、ビジネスマンとしては必須スキルと言っても過言ではありません!

 

第一印象と言えば、もちろん「外見の身だしなみ」です。

 

身だしなみは人それぞれ思っていることが違い、髪型や服装だけを整える人もいれば、表情や指先、スキンケアまで細かく身だしなみを整えている人もいるくらい奥が深いスキルです。

 

 

その第一印象がなぜ「必須」なのかと言うと、メラビアンの法則にあるように相手の印象を決める「第一印象」は視覚で55%、聴覚で38%、そして言語で7%と言われています。

 

 

つまり、営業マンは第一印象(見た目)だけで相手の半分を判断してしまいます。そうなると、第一印象ってすごい必須スキルだと言うことがわかったかと思います。

 

ただ、第一印象だけで5割程度の印象を与えられましたが、実はマイナスになってしまうこともあります。

 

その理由を次から詳しく説明していきます。

 

 

 

恰好だけの身だしなみだけでは営業先で嫌われる可能性も!?

営業マン 嫌われる 

 

第一印象の見た目だけで、自分の印象を半分くらい決まってくると言いましたが、実は格好だけの身だしなみをスキルアップしただけでは営業先で嫌われてしまうパターンもあります。

 

 

 

嫌われるパターンってなに!?


 

 

 

それは「臭い」よ!


 

 

どれだけ表面上の身だしなみが良くても、近寄った際に強烈な臭いを営業先の相手に漂わせてしまった場合、どう思うでしょうか?相手の立場を自分の立場に置き換えてみて考えてみて下さい。

 

 

 

もう近寄りたくないし、話したくないかもしれないかも。


 

 

 

臭いが強烈だと、やっぱり近寄りがたいわよね。


 

恰好だけ身だしなみをスキルアップしても、臭いは対策をしない限りずっと臭いままです。

 

 

 

脇の臭いが強いと営業成績が急降下の恐れも!

営業成績 ダウン 

 

これも先ほど言ったように、

 

体から強烈な臭いを出してしまうと、営業先の相手も嫌な思いをしてしまいます。

 

では、どこから体から強烈な臭いを出してしまうのかと言うと、営業マンはスーツを着ることが多いです。

 

そのため、臭いは襟元周辺から「ふわっ」と出てしまうことが多いです。相手と距離が遠いのであれば臭いはそれほど相手には伝わらないかと思いますが、距離が近いと襟元からの嫌な臭いが相手の鼻についてしまい、不快な思いをしてしまう恐れがあります。

 

相手も当たり前ですが「感情」を持っています。どれだけ身だしなみをピシッと決めていても、臭いで不快感を与えてしまったら商談も保留になってしまう可能性も出てきてしまいます。

 

最悪の場合、相手に「もうあなたとは話したくない」と思われてしまえば、商談は不成立となってしまい、結果的に営業成績が低下してしまうことに繋がってしまいます。それがずっと続けば営業成績が急降下してヤバイ状況に陥ってしまいます。

 

一見、笑える話に見えますが、いざ自分に当てはめてみると、かなりシャレにならない内容だと思います。

 

そのため、営業マンにとって脇の臭いはしっかりとケアしておかなくてはいけないと言うことを覚えておいてください!第一印象も大切ですが、臭いケアも必須です!

 

 

 

 

汗をよくかく夏や冬の季節は要注意!

 

夏場は気温が高くなるので誰でも大量に汗をかくと思いますが、冬も意外と汗を大量にかいてしまう季節です。

 

要チェック!

汗をかきやすい人は脇の下にも多く汗をかきますから、それだけ臭い物質を発散してしまいます。

 

 

臭い物質にも色々と種類があり、臭い物質を外へ発散するものもあれば、衣類に付着してしまうものもあります。

 

どちらにしても、たくさん汗をかく人はそれだけ臭い物質も多く発散してしまいますから、相手に不快な思いをさせてしまうことが多くなってきます。

 

そのため、夏の季節と冬の季節は注意が必要なのです。では、どうして汗から臭い物質が発散してしまうのかを説明していきます。

 

 

 

汗に含まれる臭い物質は緊張と体質に問題あり!?

緊張 

 

臭い物質が多く分泌してしまう原因としては「緊張」や「体質」が当てはまります。

 

スポーツなどでかいた汗は、臭くなく、さっぱりした臭いかと思われます。これは、スポーツをすることで、汗腺の訓練を自然とできているため、臭い物質も少なくなります。

 

一方、営業などの仕事をしていると、緊張する場面もあるかと思います。その際に汗が「ドッ」と出てくる経験はあるかと思います。

 

この汗の成分には「乳酸」や「重炭酸イオン」などが多く含まれていて、臭い物質を強くしてしまう要因の一つです。

 

 

 

また、体質的に親がワキガ体質である人や耳の中が湿っている人はアポクリン汗腺からの分泌物が多い可能性があり、ニオイも独特で汗の臭いよりも嫌な臭いです。

 

このように、汗に含まれる臭い物質は「緊張」と「体質」が原因とされています。体質が問題の人はワキガ体質の可能性もあるので、早めの対策をオススメします!

 

ワキガ体質専用のオススメケア用品はコチラ!

 

 

 

営業マンは自分のニオイがどれくらいか意外とわからない人が多い

自分の脇の臭いがどれくらいの臭いレベルか把握している営業マンはそれほどいないかと思います。

 

ふと、脇から「ぷ〜ん」と臭ってきて、「クサっ」と思うこともあるかと思います。

 

でも、自分ではクサイとは思うけど、周りに影響を与えるくらいは臭わないと思う人がほとんどだと思います。

 

その原因の一つとして「慢性化による臭いの麻痺」が考えられます。

 

 

 

慢性化による臭いの麻痺?何それ?


 

 

他人にしてみれば「コイツかなり臭うぞ!?」と思うような臭いも、自分では「そんなに臭わない方かな!」と、いつも嗅いでいる臭いのせいで脳が麻痺してしまい、それほど強い臭いだとは考えもしていない状況下にあります。

 

そのため、自分では周りに迷惑をかけている臭いとは思わず、意外と臭いレベルはわからないものです。

 

 

 

言い合える人がいるなら脇のニオイレベルを知っておく!

言い合える人 

 

自分では脇からの臭いがどれくらいあるのか意外とわかりにくいなら、何でも言い合える人に聞いてみることも大事です。

 

彼女はちょっと微妙なこともありますから、家族や友人あたりに悩みを言い合えるような人がいれば一度、聞いてみることをオススメします。

 

恥ずかしいことなのは百も承知ですが、自分の臭いレベルを知ることで、色々と対策の幅が広がります。

 

 

 

相談する人がいなかったら自分でセルフチェックしてみる!

セルフチェック 

 

相談する相手がいなかった場合はどうすればいいのか?

自分がワキガ体質かどうかセルフチェックしてみることをオススメします。

 

ワキガは独特な臭いのため、周囲にかなりの迷惑をこうむる危険性があります。

 

体臭よりもワキガの方が臭いがキツイため、まずは自分がワキガ体質かどうかを判断してみることが大切です。詳しくはコチラから!(わきが|確認方法

 

もし、「自分がワキガ体質かもしれない!」と判断した場合、早めの対策をオススメします。ワキガはスメハラと言って臭いの嫌がらせになってしまうこともあり得ます。

 

自分に悪気がなくても相手には嫌がらせとなってしまうこともあり、セクハラやパワハラよりもタチが悪いです。

 

 

 

臭い対策をしっかりすれば対人関係も上手くいく!

商談成立 

 

ここまで読んでくれたのであれば、ある程度は脇の臭いが仕事(営業)に支障が出てしまうことがわかったかと思います。

 

第一印象も大事ですが、やはり臭い対策もしっかりしておかないと対人関係も上手くいきません!特に営業マンは絶対です!

 

脇の臭いが酷い人はそれだけ営業先の相手に不快な思いをしてしまう可能性が高いため、第一印象は最悪になってしまいます。

 

そうならないためにも、脇の臭いをしっかりと対策して対人関係を上手く構築してみましょう!そうすれば営業成績もアップするかもしれませんよ!

 

 

 

具体的に脇の臭いを対策するためにはどうすればいいの?


 

 

 

対策方法は色々とあるけど、汗と臭いを同時にブロックするものがオススメよ!


 

当サイトが厳選した、強い脇の臭いを抑える臭い対策ケア用品がオススメです。気になる方は一度、参考までに読んでみて下さい。きっと為になることがあると思いますよ!

 

 

 

臭い対策用品紹介 

強い脇の臭いを抑える対策用品はコチラから!