脇が臭い人はエクリン汗腺の衰えが原因かもしれない!

脇汗が臭う人と脇汗が臭わない人の違いを知る前に、脇の汗腺の構造を知っておいた方がより理解力も高まり、内容がスッと頭に入りやすくなるので少しご紹介します。

 

まずはエクリン汗腺とアポクリン汗腺の内容についてざっと説明します。

エクリン汗腺

日常生活で暑くなった時によく出てくる「汗」。基本的にエクリン汗腺は体温調節する役割をもっています。

 

アポクリン汗腺

ワキガの原因となる物質を分泌する汗腺で、いつ分泌されるのかは明確にわかっておりませんが、ストレスや睡眠不足、緊張する場面になることで、臭い物質が分泌されるとも言われています。

 

脇が臭う人と臭わない人の違いの一つに、まずはこのエクリン汗腺が関係していきます。このエクリン汗腺の衰えが原因の一つを持っている可能性が高いと言われています。もっとエクリン汗腺について詳しく見ていきましょう!

 

 

運動して出た脇汗は実は臭わない汗!

運動汗

 

運動した時に出てくる汗はエクリン汗腺から分泌されます。そのエクリン汗腺の成分のほとんどが「水」で出来ています。

 

汗は血液から水分とミネラル分を吸収して作られ、水分とわずかな塩分だけになって体外へ汗として排出されます。そのため、基本的には本来臭わない汗だと言うことがわかります。

 

ではなぜ脇汗から漂ってくる臭いとエクリン汗腺が関係あるのでしょうか?それには最初に言った「衰え」が問題だったのです。

 

 

脇汗が臭ってしまう理由は汗腺の機能が衰えてしまうから

ショック

 

基本的にエクリン汗腺のほとんどは水分だと言いました。

 

しかし、汗腺の機能が衰えてくることにより、ミネラル分の吸収がうまくおこなえず、栄養素のある「ミネラル」を含んだ粘りついた汗が排出されてしまいます。

 

この汗は臭い成分が発生しやすい「酸性性」なので、雑菌と混ざり合うことで、臭い物質が強くなってしまいます。

 

もっと簡単に言えば、汗の中に油などの物質を多く含んでいると、雑菌は好んで油などの物質を分解して臭い物質にしてしまうと言うことです。

 

なので、汗腺が衰えている人は脇汗から出てきた成分は雑菌が好む成分が多く含まれているため、臭ってしまうことが考えられます。

 

このように、脇が臭う人と臭わない人の一つの理由として、エクリン汗腺の衰えが原因となっていることがあります。

 

 

脇が臭う人と臭わない人の違いはアポクリン汗腺の量が関係する!?

アポクリン汗腺の量は産まれた時にアポクリン腺の量と質が決定されます。その際、思春期を過ぎたあたりからホルモンの成長とともにアポクリン腺も成長をして分泌機能を高めます。

 

そのため、体の成長とともにアポクリン腺も成長していき、臭いも次第に強くなっていきます。個人差もあるので、思春期になってからすぐに脇が臭くなる人もいれば、20歳を過ぎたあたりから臭いが強くなる人もいます。

 

脇の臭いが強い人はそれだけアポクリン汗腺の量が多く、質も高いことが考えられますね。

 

女性と男性とでは脇の臭いが強くなる時期が異なる?

男女悩み

 

一般的に言われているのが、女性の場合は「生理」が関係してきます。生理が始まってから2〜3年くらい経った後、次第にアポクリン腺が活発化になり、脇が強く臭ってくることがあります。

 

男性の場合は思春期が始まったくらいから次第に脇の臭いが強くなり始めていきます。その後、高校生を過ぎたあたりから男女共に大人のアポクリン汗腺が出来上がります。

 

ただ、前にも少し説明しましたが、どんなにアポクリン汗腺の量が多くても、必ず臭いが強くなるとは言い切れません!

 

アポクリン腺がいつ活発に分泌するかは、医学的にまだ解明されていないことなので言い切れませんが、精神的なストレスによる原因が大きく繋がっているかと思われます。

 

 

服に付着した黄ばみも原因かもしれない!?

脇の黄ばみ

 

洋服などに「黄ばみ」がつきやすい方も、脇のニオイが臭い方かもしれません。なぜならこの黄ばみが服に付着している方の多くはワキガ体質になっている方が多いからです。

 

しかも、黄ばみがついてしまった服は洗ってもなかなか落ちず、臭いも付着して気になってしまう方が多いです。

 

服に付着した黄ばみは「リボフスチン」と言われる色素成分が汗に含まれていることで、
黄ばみが服に付着してしまいます。リボフスチンだけでは臭いはありませんが、皮脂やたんぱく質と言った「臭い成分」が含まれているため、黄ばみの部分から臭いも発生してしまことがあります。

 

脇汗が臭い方必見!汗の臭いを対策する方法を伝授!

ここまででご紹介した脇汗が臭くなってしまう原因として、「エクリン汗腺の衰え」「アポクリン汗腺の量や質」、そして「洋服に付着した黄ばみ」があります。

 

これら3つの原因を対策する方法をこれから伝授していきたいと思います。個人差でやれる、やれないがあるかと思いますので、出来るところを実践していき、自分の肌で体感してみて下さい!

 

臭わない汗を出すには汗腺を鍛えることが重要!

そもそも汗腺機能はなぜ衰えるのか?

 

生活に「楽」ができる商品が次々と開発されていくことで、まず思い当たるのが「運動不足」ではないでしょうか。

 

乗り物がない時代は歩きやジョギングだったのが、今では車が主流になっています。車だと特に体を動かすことがあまりないため、中学や高校よりも体を使う機会が全くないように思えます。

 

それが続くことで、運動不足になり体が衰えていきます。体が衰える過程で「汗腺」も機能が低下してしまうことに繋がっていきます。

 

自転車はまだ運動不足を解消させる道具になっているので車よりもおすすめです!

 

次に汗腺機能が衰えてくる原因は温度調節にある

温度調節 

 

体中の温度調節機能が低下していくことで、汗を出す機能が低下し、体内で温度調節が上手くできなくなってしまいます。

 

生活習慣で特にエアコンをよく使う機会がある方は注意が必要です!

 

エアコンを使うことによって体内の体温調節はやらなくても良くなってしまいます。すると、汗をかきづらくなってしまい、結果的に体内の汗腺機能がどんどん衰えてしまうのです。

 

夏や冬の季節は特にエアコンを使う機会が激増しになってしまうので、なるべく使わないようにするのが大切です。

 

とは言っても、エアコンを使わないと寒すぎて(暑すぎて)風邪などを引いてしまう可能性もありますから、エアコンを使わないのは難しい問題になりそうですね・・・。

 

 

汗腺を鍛えるにはお風呂で汗腺トレーニングが最適!

お風呂 

 

運動不足はただ運動をすれば良いだけだと思いますが、実際に運動していない人が運動してみると長続きしないことが多いです。

 

運動できたとしても三日坊主になってしまいかねません!

 

そこでおすすめなのがお風呂での汗腺トレーニングです。

 

39度〜40度くらいのぬるめのお湯に20分程度入って、体を芯まで温めると温度調節機能が高まり、汗腺を鍛えることができます。

 

これなら長続きできるトレーニング方法だと思います。

 

 

食生活を徹底的に見直すと汗の臭いも対策できる!

ただ闇雲に食生活を見直すだけではいけません!

 

食べる食品もどんなものなのか徹底的に調べていくことで汗の臭いを軽減させる可能性が高くなります。

 

その調べる内容の一つとして「アルカリ性食品」や「酸性食品」と言うものに着目したいと思います。

 

アルカリ性や酸性と言ったキーワードは学校で習うリトマス紙を使った理科の実験だと思います。

 

しかし、今回のアルカリ性食品と言うのはリトマス紙を使って測定する○○性とは違います。

 

商品の中に含まれるミネラルが酸性かアルカリ性かで判断する内容です。

 

かなり難しい内容になるので、箸折って説明したいと思います。

 

基本的にアルカリ性食品を摂ることで、体臭を作りにくくする状態になることができます。

 

そのため、アルカリ性食品を摂ることで脇の臭いも対策しようとする訳です。

 

ちなみにミネラル成分の中でもリンや硫黄が含んでいる食品は「酸性」。ナトリウム、カルシウム、マグネシウムなどが含まれている食品は「アルカリ性」となります。

 

これをもとにしてどんな食べ物が良いのかご紹介していきます。

 

 

梅干しで体臭予防

梅干し 

 

アルカリ性食品の中で代表的なのがこの「梅干し」です!梅干しはすっぱいから酸性食品かと思いきや、実はアルカリ性食品だったのです。すっぱいから酸性だとは言い切れませんね!

 

梅干しは毎日食べたり、肉類を食べた後はなるべく梅干しを摂るようにしましょう。そうすれば、体臭予防に繋がります。

 

 

肉類の食べ過ぎは要注意!

肉の食べ過ぎ 

 

肉類はアルカリ性食品ではなく、酸性食品に分類されます。

  • 酸性食品は主に、
  • 体内で活性酸素の増加
  • 腸内に悪玉菌が増える
  • 皮脂が過剰に分泌される

などが体内で起きてしまいます。
その中でも特に、脇の臭いに関して言えば、アポクリン汗腺の働きが活発になってしまい、臭いの強いワキガ臭を発生させることがあります。

 

日本も欧米化が進んでいくことで、動物性たんぱく質や脂肪などの肉類中心の食生活を続けている人も増加傾向にあります。

 

そのため、肉類を食べ続けている人は野菜中心の生活の人よりも、臭いが強くなっている傾向があると言われています。

 

 

それでも汗が臭うなら専用のデオドラント商品を使ってみる!

専門のデオドラント商品 

 

臭い対策をしても中々臭いが抑えられないと言った方は最終手段としてワキガ専用のデオドラント商品を試してみることをおすすめします。

 

ドラッグストアやディスカウントストアなどに置いてある一般的な安価なデオドラント商品に比べ、臭い撃退成分の質が高いです。

 

質が高いのと比例して価格も高くなってしまうのがちょっと残念なところですが、良い商品は値段もやはり高いものが多いです。

 

私も安価なものよりはしっかりと質の高いものを使いたい派なので、値段が高くても体に良いものには、とことん追求したいと思っています。そうすれば、おのずと結果も付いてきてくれるからです!

 

効果をより実感するためにも一度試してみてはいかがでしょうか?

 

 

当サイト一押し!わきの臭い対策商品はこちら!