活発に動く高校生は臭いを散発している!?

ヤバイ! 

 

高校生では体育や部活など活発に運動する機会は多いです。特に激しい運動をしている方は臭いを強く散発している可能性があるので要注意です!

 

人の体内では、運動をすることによって血液の中に「乳酸」と言われる成分が増加していきます。この乳酸が蓄積することによって、他のニオイ成分と混ざり合った時に、酸っぱいような臭いを発することがあります。これを酸味臭と呼ばれています。

 

乳酸は汗の成分に含まれている中でも特に「酸」が強く、酸味臭を発する可能性が強いと言われています。

 

また、この乳酸が異常に増加することによって、それと並行して尿素やアンモニアと言ったツーンと来るような成分も合わさることで酸味臭に加えて刺激臭も起こってしまう可能性があります。

 

この酸味臭や刺激臭はまだワキガと断定した訳ではありません!ここで言う酸味臭や刺激臭はワキガ臭ではなく、ただの汗から出てくる臭いが強くなって散発していることになります。

 

とは言っても、脇から出てくる強い臭いは高校生にとってすごく不快なものです。

 

自分の脇の臭いが酷いと認知しているかで状況が大きく変わる!

高校生活を続けていく上で「自分の脇の臭いが酷いのか?」それとも「自分の脇の臭いはわからない。」自分がどちらの項目に当てはまるかによって今後の状況が大きく変わってきます。

 

ここからは自分の脇が臭いことを認知している場合とそうでない場合の状況についてご紹介したいと思います。

 

自分の脇が臭いことを認知している場合

臭いニオイ 

 

脇が臭いと思っているのであれば、まだ対策可能です!

 

本人が脇のニオイが臭いからどうにかしたいと思うことが対策へのはじめの一歩です。自分の脇が臭いと認知していると何かしらの対策は練れるからです。

 

例えば、

  • 肉中心の食生活を見直そう
  • ファーストフード店はなるべく控えよう
  • デオドラント商品を使ってみよう

 

など、臭いを軽減させる方法は探せばたくさん出てきます。

 

しかし、自分の脇の臭いが酷いことを全く気付かない方は要注意です!

 

脇臭がすることを全く認知していない場合

認知していない 

 

自分の脇の臭いが酷いと全くわからない方は、もしかしたら周りの人たちに気付かれてしまっている可能性もあり得ます。

 

想像してみて下さい。もし、自分がわからずに他人が自分の臭いを知っていることを・・・。臭いが酷い場合はまず噂話で周りにもっとバレてしまいます。

 

それに、スメルハラスメントと言って周囲に嫌がらせをしていることになってしまいます。

 

スメルハラスメントとは不快な臭いを周囲に散発し、相手を不快な気持ちにさせてしまう嫌がらせです。

 

よく性的な嫌がらせであるセクハラだとか権力を使ったパワハラとか聞くかと思います。それと同じでスメルハラスメントは通称「スメハラ」と言い、精神的な苦痛を与えるニオイを周囲に漂わせてしまう嫌がらせのことを指します。

 

と言うことは、脇臭がすることを全く認知していない場合、周囲には臭いの嫌がらせを常にしている状態になってしまいます。そのため、友達にも気付かないうちに不快な思いをさせてしまっているのではないでしょうか。

 

そうならないためにも、まずはこの記事を読んで、もしかしたら自分から脇臭をまき散らしているのでは?と思うことが大事だと思います。

 

自分の脇の臭いを認知する方法

では、どうやって自分の脇の臭いが酷いことを確認すればよいのか?これに尽きると思います。

 

基本的には以下の項目に当てはまる方は要注意です!

 

  • 汗っかき
  • ぽっちゃり体型
  • 肉食が中心
  • しっかりと頭、体を洗わない(不潔)
  • 口臭が強くなった
  • 急激なダイエットをしている
  • ストレスや疲れが酷くなったと感じる

 

ほとんど当てはまる方は脇の臭いが酷い可能性が高いです!

 

その脇の臭いもしかしてワキガ臭かもしれない!?

ワキガ臭かもしれない 

 

脇の臭いが酷くて色々と対策をしていても、全然改善してくれないと言う方はもしかしたらワキガである可能性も出てきてしまいます。

 

一般的な脇の臭い(体臭)とワキガ臭は似ているようで実は似ていません。体臭はエクリン汗腺と言う汗を分泌するところから出ているもので、ワキガはもう一つ別にあるアポクリン汗腺と言われるワキガ臭になる物質があるところです。

 

臭い対策をしていても全然効果がなかったのであれば、もしかしたらワキガの可能性も視野にいれないといけません。

 

今のところ、ワキガであるという境界は曖昧です。病院の先生がこれはワキガだと断定すればワキガとなりますし、ワキガでないと言われればワキガではありません。

 

と言うことは、「ワキガの疑いがあるかも!?」と言う可能性が高い感じですね。

 

病院で検査すればワキガかワキガでないのかチェックすることができますが、病院へ行けれない方に簡易的なワキガチェック項目を作成してあるので、参考までに確認してみて下さい。

 

わきが|確認方法はこちら

わきが確認方法 

 

 

もし、自分がワキガの可能性が高いようであれば、ワキガ対策をしっかりと行って臭いを軽減させる必要性があります。

 

緊張やストレスで臭いが強くなってくる!

緊張やストレス 

 

自分がもし、ワキガ予備軍だとしたら高校生活はちょっと厳しいものになってしまうのではないかと思います。

 

それは、学校では「緊張」や「ストレス」があるからです。ワキガ臭は緊張することで皮膚表面がアルカリ性に傾きやすくなってしまいます。

 

皮膚がアルカリ性に傾きやすくなると、雑菌が繁殖しやすい環境なってしまいます。脇など、湿った部分などは特に雑菌が繁殖してしまうことが多いので、当然アポクリン汗腺の分解が盛んになり、臭いが強烈になってくるのだと言われています。

 

ストレスも同じで、ストレスを感じてしまうと自律神経が乱れてしまい、皮脂や不純物の多いヌルッとした汗が特徴で、雑菌のエサとなる成分が多く含まれています。そのため、アポクリン汗腺と雑菌が混ざり合って臭いが強くなってしまう要因を作ってしまいます。

 

男性と女性とではニオイの変化は違う

男性と女性との違い 

 

ワキガ臭は常にずっと不快な臭いが散発されている訳ではありません。臭いが促進されたり抑制されたりと言った作用が起こっています。

 

それに、男性と女性とでは大きくその臭いの変化も異なっていて、同じ状況下においても男性と女性の臭いは違ってきます。

 

これは「ホルモンの分泌」が関係してくるわけです。

 

ちょっと難しい話ですが、男性の場合、「アンドロステロール」や「アンドロステロン」と言われる男性ホルモンにより、ワキガ臭に影響が出てきます。

 

一方で女性の場合、生理が関係してきますので、生理前になると臭いが強くなる人もいれば生理中に臭いが強くなる人とさまざまです。さらに、女性は生理前後には嗅覚の変化がみられるため、同じ強さの臭いでも強くなったように錯覚してしまうことがあります。

 

このように、ホルモンの分泌によっても男性と女性とではニオイの変化は違うこともあり、同じ臭いでなくても同じワキガ患者と言うこともあり得ます。

 

ワキガにも程度があり、ワキガ臭が弱い人もいれば強い人もいます。

 

ワキガ対策しようと少しでも思ったら即行動!

ワキケア即行動 

 

高校生は少しの臭いでもコンプレックスを持ってしまうので、早めのワキガ対策が必要です。

 

高校生は学校内での授業や対人関係などで緊張やストレスを溜め込んでしまうことが多くなるため、臭いの度合いが高くなってしまうことも少なくありません。

 

それに、室内よりも人の数の方が多いため部屋中に臭いが拡散されることで、一気に誰から臭いニオイが漂ってくるのか犯人探しする可能性だってあり得ます。

 

もし、臭いの発生源が自分だと知られてしまったら、高校生活は一気にドン底に突き落とされてしまいかねません。

 

そんなことにならないためにも、少しでも自分が「ん?何かちょっと脇がかも!?」と思ったら、即対策することが大切です。

 

自分でも気付かないうちに他の人に知られてしまうこともあるので要注意です!

 

ワキガ治療に手術はどうなの!?高額なので検討が必要!

ワキガ手術 

 

ワキガになってしまったら手術をしてワキガを治療することが最も完治させるスピードが早い治療法です。

 

とは言っても、その治療費は高額で病院やクリニックでも値段は異なるため、十万円前後必要となります。

 

最近では、保険が適用されるところもあるため、数万円程度で手術をしてくれるところもありますが、それでも高校生にしてみれば高額ですよね。

 

特にバイトをしていない方にとっては溜めるまでどれだけの期間がかかるかわかりません。バイトをしている方でも一気にワキガ手術でお金がとんでいくのはちょっと抵抗がありますし、「手術」と聞くだけで怖い感じがするかと思います。

 

親に出してもらえるのであれば良いのですが、「ワキガ手術だからお金出して?」なんて高校生だと言うのがかなり恥ずかしいですよね。

 

もし、ワキガ治療で手術を検討しているのであれば、しっかりとどこの病院が信頼できるのか?必要となる費用はどのくらいかかるのか?入院は必要なのか?など徹底的に調べることをおすすめします。

 

高校生のワキガ対策はしっかりと汗と臭いをブロックしてくれるものを!

ここ注意! 

 

ワキガ手術をしないのであれば、高校生のワキガ対策はしっかりと汗と臭いをダブルでブロックしてくれる成分を含んでいるものがおすすめです。

 

高校生は社会人よりも代謝機能が高いこともあり、汗をよくかきます。そのため、もし臭いをブロックしてくれるデオドラント商品を脇に付けたとしても汗で有効成分が流されてしまう可能性も否定できません。

 

なので、汗をよくかく人ほど制汗成分は必要です。それに加えてワキガ臭と言う強烈な臭いをもブロックしてくれる成分を含んでいるデオドラント商品がおすすめです!

 

薬局やディスカウントストアなどで並んである安価なデオドラント商品ではワキガ臭などの強い臭いをブロックしてくれる効果は薄いと思います。

 

当サイト管理人である私も以前まではワキガで悩んでいた一人です。ワキガ対策のために市販の安いデオドラント商品から手を出して対策していましたが、効果は薄く、あまり期待できるものではありませんでした。

 

私の経験上をもとにして、ネットなどで販売してあるワキガ専用のデオドラント商品がおすすめです!

 

薬局やディスカウントストアなどよりはちょっと値段が高いのですが、その分、臭いを極力軽減してくれる成分が含まれているため、私としてはかなりおすすめです。

 

高校生でもやってみる価値はあると思います!

 

市販のデオドラント商品は人によって効果が期待できないものがある

指摘する 

 

全然が全員市販のデオドラント商品で効果が出ないとは言い切ませません!

 

体質的な問題で個人差もありますので、効果が出る人、効果が出ない人は出てきます。でも、やはり市販の安価なデオドラント商品はワキガ専用に作られていないため、持続時間は短いのが体感的に思った感想です。

 

やっぱりワキガ対策をするからには持続時間は長い方が良いです。朝学校へ行く前に脇をケア(ワキガ対策)してから学校が終わるまで効果が持続しているものが望ましいです。

 

当サイトがおすすめしているワキガ専用のワキガクリームですが、継続的に使い続けていくと持続時間も長くなると言うケースもありました。

 

もし、興味があるのであれば一度試してみて効果を実感してみて下さい!

 

 

 

高校生に人気!脇の臭い対策にはこちら!