中学生におすすめ!ポジティブ思考なワキガ対策はコレだ!

ワキガ対策はコレだ! 

 

小学生のころまでは、自分の体臭など気にすることなく元気にすごしていたのに、中学に入学し思春期になってからワキの臭いに悩みはじめる。

 

汗や臭いなど気にすることなく元気に走り回り、遊んだりスポーツをしていたのに、臭いを気にしはじめてからは、純粋にそれらを楽しめなくなってきた。

 

体育や部活の時間が憂鬱。そんな臭いに悩む思春期の中学生の皆さん、ワキガを極端に怖がることはありません。

 

ワキの臭いはケアをすることによって抑えることができます。

 

成人を迎えた人なら、ワキガ手術を検討したり、汗を抑える注射などをする人もいます。だけど皆さんはまだ中学生です。大人と同じことをする必要はありません。

 

 

勉強にスポーツに、なんでも伸び盛りの中学生の皆さんには大人のワキガ対策とは違った、少しポジティブ思考なワキガ対策がおすすめです。

 

いくつか紹介しましょう。

 

 

ワキの毛をそる

ワキの毛を剃る 

 

思春期に入り、わき毛が生えてきた人も多いと思います。汗をかいた後でワキのケアをするときには、やりやすいようにワキの毛をそってしまうのがおすすめです。

 

なぜかというと、学校生活ではシャワーなどがないため、ワキのケア方法が限られてきます。

 

多くの人が、汗ふきとり用のシートでワキを拭くと思いますが、わき毛があると汗線の根元までシートでふけずに、ニオイ菌を取り除きにくくなってしまいます。

 

わき毛が邪魔になっているんですね。

 

もうひとつの理由は、汗を蒸発させやすくするためです。

 

でも、「汗を蒸発させると臭いを回りに拡散させてしまうのでは?」と心配する人も少なくないと思います。

 

たしかにその通りなのですが、ワキ毛を剃らないで汗をため込むほうが、更にワキガの臭いは強くなってしまいます

 

ワキガの臭いはため込まないで、常に蒸発させつづければ、それほど強いにおいにはなりませんが、冬場など少しの汗しかかかない日にかかわらず、強いワキガ臭を発してしまうことがあります。

 

その原因は、厚着をしているせいで、汗と臭いがこもってしまい、臭いが強くなってしまう状況を自分で作り出してしまっているのです。

 

ワキガ臭も体臭の一種ですから、誰にでも多少はあるものです。なので、極端に怖がらずに常に蒸発させることが大事です。

 

 

逆にスポーツをして汗をかく 嫌な老廃物をためない

スポーツをして汗をかく 

 

臭いが気になりはじめてから、積極的に体育や部活を楽しめなくなっている人はいませんか?

 

そういった人は学校生活に限らず、汗をかくこと、体をうごかすこと全般に対して消極的になっている可能性があります。

 

実は体を動かさない生活になると、ワキガにとって悪いことしかないんです。

 

ワキガの臭いは汗とともに排出される成分が原因ですが、もちろんそれだけではありません。体にたまった老廃物や汗の性質なども関係しています。

 

体を常に動かして汗をかいている人の汗は綺麗です。その理由は体の代謝が活発で、老廃物が体にたまっていないからです。

 

逆に汗をかかない生活をしている人は、老廃物がたまりやすいです。

 

ワキガの成分だけでなく、老廃物や汗の性質なども混ざり合って、あの独特の嫌な臭いができているので、臭い自体をカットするためには汗をかいて体の汗線を活発な状態に保つことが大切です。

 

もちろんお風呂にはいって体を清潔に保っていることが大前提です。

 

 

インナーの予備を持つ

予備のインナー 

 

学校にシャワーがなくても、服を着替えることはできるはずです。汗をかいた後の服のワキの部分を嗅いでみてください。独特の嫌な臭いがついていると思います。汗が乾いたあとも服についた臭いは残ります。

 

だったらいっそのこと、インナーの予備をもっておきましょう。ワキガ臭はワキ自体の臭いと、服についた臭いがあわさっている状態です。

 

ワキの臭いと服についたワキガ臭、どちらのほうが強く臭っているか考えたことはありますか?

 

ワキ自体が原因なのだからワキだと思うかおしれませんが、実は逆なんです。服にしみこんだワキガ臭のほうが、より強力な臭いを放っています。

 

これは、ワキの汗は常に蒸発していますが、服にしみこんだ汗は蒸発がやや遅いことが原因です。

 

服の臭いをリセットすることで、全体の60パーセント以上の臭いをカットすることができます。

 

 

市販のシートよりもアルコールがおすすめ

アルコールスプレー 

 

汗ふきとり用のシートは各種販売されているのですが、毎日使うとなるとすこしお金がかかります。中学生におすすめなのが、薬局で売っている消毒用のアルコールを小さい霧吹きボトルに入れて持ち歩く方法です。

 

アルコールは殺菌効果があるので、ワキに何回かプッシュすれば一瞬で脇のにおいは消えます。あとはトイレにあるトレットペーパーなどでふきとれば完璧です。この方法のいいところは、ワキだけでなく、服にも使えるところです。

 

服のわき部分にプッシュすれば、服自体の臭いも落ちます。それにアルコールは蒸発がとても早いので服が濡れてもすぐに乾きます。

 

市販のボディシートなどは、独特の香りがついているものがほとんどですが、アルコールは基本的に臭わないので、ケアしていることを人に気づかれないという点も良いです。

 

 

本格的に対策するなら専用のワキガ対策クリームが最適!

ワキガ対策クリーム 

 

ワキガ臭を本格的に対策したいのであれば、ワキガ専用クリームが最適です。

 

市販で販売しているデオドラントシートやアルコールでは持続時間があまりないこともあり、1日中臭いを抑えることは難しいです。

 

その反面、

 

ワキガ専用クリームの場合は、ワキガ臭にアプローチする成分が多く含まれていることもあり、臭いを徹底的にブロックすることが期待できます。

 

朝出かける前に塗っておけば、夕方くらいまで持続する可能性は高いです!

 

最初は昼過ぎくらいまでしか持続しないこともあるかと思いますが、継続的に使用していると、いつの間にか気になっていた臭いが夕方くらいまで臭わなくなったと言う口コミもあります。

 

すべての方に効果があるわけではありませんのでご注意下さい。持続時間も個人差があります。

 

ただ、市販のデオドラント商品に比べ値段が割高なのはネックなのですが、本格的に臭いを抑えたい方やどうしても臭いをある程度抑えたいのであれば、試してみる価値は十分にあるかと思います。

 

当サイトでは、おすすめのワキガ専用クリームをランキング形式でご紹介しているので、参考までに覗いてみて下さい!

 

 

 

わきの臭い改善ガイド|ワキガ専用クリームランキング!