ワキガでも香水をつけて良いのか悪いのか?

ワキガ臭は手術をしないと完治しないので、完治を諦めている方は少なくありません。とは言え、ワキガ臭は周囲に迷惑を被ってしまうので臭い対策は必要になってきます。

 

そんなワキガ臭で悩んでいる方でも、臭い対策として香水をつけて臭い対策している方もいます。また、対策とまではいかないにも、“嫌な臭い”を“良い匂い”にしたいために香水をつけたい方も少なくありません。

 

では、実際にワキガで香水をつけても良いのでしょうか?悪いのでしょうか?その結果内容をご紹介したいと思います。

 

 

基本的には臭いが酷くなるので控えた方が良い!

香水 

 

香水は匂いが強いので、ワキガ臭を誤魔化してくれると思って香水をつけている方もいると思います。でも、その内容は間違っています。ワキガに香水をつけても臭いは誤魔化しきれず臭いが悪化してしまう恐れがあります。

 

当サイト管理人である私もワキガ患者の一人で、ワキガ臭を香水で誤魔化そうと思って香水を3つ買って試してみました。確かに1つ目の香水ではワキガ臭を誤魔化すことができたのですが、2つ目、3つ目と、つけた香水ではワキガ臭と香水が混ざり合って余計に悪臭を漂わせていました。

 

要チェック!

わかったことは、基本的に香水はワキガ臭を余計に酷くさせる原因の一つです。

 

なので、極力的に香水を控えた方が無難かと思われます。ただ、ある香水ではワキガ臭と相性が良く、臭いも混ざり合うのですが、それほど嫌な臭いでもない香水もあることがわかりました。

 

では、次にワキガ臭と相性が良い香水の種類をご紹介したいと思います。

 

 

どうしても香水をつけたいならおすすめはシトラス系かグリーン系の香水を

グリーン系 香水 

 

「この日は香水をつけて外出したい!」、「大事なデートだからワキガ臭を抑えたい!」など、どうしても香水をつけたいと思う日もあるかと思います。

 

確かに、ほとんどの香水はワキガ臭と混ざり合って余計に臭いを酷くさせてしまっていますが、香水の種類でも特に“シトラス系”と“グリーン系”はワキガ臭と混ざり合っても、それほど嫌な臭いはしないのでおすすめです。

 

シトラス系の香水は、柑橘系を中心とした香りで、レモンやオレンジ、グレープフルーツ、ベルガモットなどが使われており、グリーン系の香水は、ナチュラル系とも言い、主に植物を連想させる香りです。

 

全体的に「葉」のような香りが特徴的です。

 

シトラス系やグリーン系の香水は人気があるので、誰でも使いやすい香水の一つですが、ただ、柑橘系の香水は“香りの飛び“が早いため使い時が肝心です。

 

 

甘いフローラル系や過剰に香水をつけるのは危険!

フローラル系は危険 

 

数多い香水の種類でも、甘いフローラル系はワキガ臭とは相性が合わないので要注意です!また、過剰に香水をつけるのも非常に危険です!

 

香水は適度につけるからこそ良い匂いを漂わせていますが、過剰な香水は逆に匂いが強すぎて周囲に迷惑をかけてしまいます。

 

それに、シトラス系の香水をつけている方も注意が必要です。

 

先ほど、シトラス系の香水は香りの飛びが早いと言いました。と言うことは、香りが飛んでしまう分、何回も香水をつけてしまうこともあるからです。自分で香水の匂いがなくなってきたなと感じて何回もつけていると匂いがキツくなってしまうので気を付けましょう。

 

 

香水をつける前にはしっかりと“わきが対策“をしてから!

わきが対策を! 

 

一種のわきが対策として香水を使うにしてもただ香水をつければいいものではありません!しっかりと香水をつける前にわきが対策(脇のケア)をしてから行いましょう。

 

まずは脇を清潔にすることが大切です。脇に雑菌が潜んでいると、ワキガ臭を強くしてしまう恐れもありますし、香水の匂いを邪魔してしまう恐れもあるからです。

 

とは言っても、朝にしっかりとお風呂で脇を洗うなんて時間はないし、脇専用の殺菌シートなどを使って脇を清潔にするのもあまり効果がありません。

 

おすすめとしては、わきが専用のクリームを使うことです。わきが専用なので、ワキガ臭の臭い菌をブロックし、臭いが拡散してしまう要因の「汗」も抑えてくれるものがおすすめです。

 

また、脇の臭いや汗を長時間ブロックしてくれるものは非常におすすめです。しっかりとわきが対策(脇ケア)をしてから香水をつけて臭いが邪魔しない時間を楽しみましょう!

 

 

当サイトおすすめのわきが専用クリームはコチラから!