わきが手術の種類

ご紹介

そもそも「わきが手術ってどんな手術の方法があるんだろう?」
わきがに悩んでいるなら一度は考えた事がある疑問だと思います。

 

今のわきがに対する治療法はいくつもあり、「わきがの度合い」によって手術する内容も変わってくるのです。

 

ここでは、そんなわきが手術の種類についてご紹介していきます。

 

基本的にわきが手術の内容は大きく分けて2つに分かれます。直視化手術法非直視化手術法の2種類です。

 

では、それぞれどんな手術法なのか調べていきたいと思います。

 

 

直視化手術法

直視化手術法とは現在、わきが手術において最も多くの病院や美容クリニックなどで行われている手術方法です。

 

専門医自ら患者の部分を見ながら一つずつ丁寧にアポクリン汗腺を取り除いていくので、ニオイの原因であるアポクリン汗腺を見逃しにくいのが特徴的です。

 

剪除方

直視化手術法は剪除法とも言われ、効果の出方が比較的安定している手術法です。

 

脇の下を3?5センチくらい切開し、皮膚を裏返すと目で直接見えるくらいの粒状のアポクリン汗腺が無数に広がっているのです。それを、一つ一つ丁寧に専門医自ら取り除いていくのです。

 

アポクリン汗腺を確実に除去できるのが剪除法の最大のメリットだと言えます。

 

 

ただ、この剪除法にはデメリットも存在するのです。

 

  • 傷口が目立ってしまう

 

アポクリン汗腺が確実に除去できる分、傷口が目立ってしまうのがデメリットなのです。

 

 

非直視化手術法

専門医自らの目で見て手術をする直視化手術法とは違い、機械などを用いて行う手術方法です。

 

「機械ならアポクリン汗腺を確実に取り除けないのでは?」

 

確かに完全にアポクリン汗腺を取り除く可事は難しいのですが、術後の傷口を目立たなくするのがこの非直視化手術法の特徴なのです。

 

この、非直視化手術法は色々と種類があり、各病院や美容クリニックによって手術内容が異なってきます。

 

ここで、非直視下手術法の種類をご紹介します。

 

 

皮下組織吸引法

脇の下に約1センチくらいの穴を開け、そこから細い管(カニューレ)を通してアポクリン汗腺やエクリン汗腺、皮脂腺などをかき出しながら吸い取っていく手術法です。

 

イメージ的にはダイエット手術などでよく見られる「脂肪吸引」などに使う吸引器を用いた感じになります。この手術は全国の美容クリニックで広く行われている手術法でもあるのです。

 

特に女性に嬉しいのが、傷口は目立たちにくいと言う事です。剪除法よりも広い範囲にアプローチすることが出来るのです。それに、体への負担が少ないため、術後の回復が早いのが特徴的です。

 

ただ、アポクリン汗腺は直視下手術法よりも残ってしまう事が最大のネックです。再発する可能性もあると言う事なのです。

 

 

マイクロリムーブ法(シェービング法)

脇の約1センチ程切開し、米国ストライカー社製のマクロシェービングコンソーラーと呼ばれる医療器具を使って粉砕・除去していく手術法です。

 

この手術法は極細のハンドピース先端についたマイクロチップの回転作用により、まんべんなくアポクリン汗腺を粉砕・除去していくため、体にも最小限の負担で済む事ができるのです。

 

切開範囲も狭いため、傷が小さく、脇のシワと馴染んでほとんど目立たないのが特徴的です。

 

また、従来の切開法と比較しても回復が早く、日常生活の制限も軽度なのです。

 

さらに、手術時にエクリン汗腺もある程度破壊するため、多汗症で悩む人にもおすすめな手術法ですね。

 

 

ただ、再発の可能性も出てくる、人によっては術後臭も出てくる事もあるので注意が必要です。

 

 

超音波吸引法

 

皮下組織吸引法を元にした手術法です。皮下組織吸引法のように脇に1センチくらい切開し、カニューレを挿入しアポクリン汗腺をかき取る変わりに、超音波を発生させ、その熱で汗腺を破壊、吸引させる方法です。

 

脇の切開範囲が小さい分、傷口もほとんど残らないのが特徴です。

 

従来の皮下組織吸引法よりも効果は高いのですが、直視下手術でない分、完全にはアポクリン汗腺を破壊、吸引する事は難しいとされています。

 

それに、患者自身に副乳が存在する事でも硬い乳腺組織が邪魔をして上手くアポクリン汗腺が取り除けない場合もあるのです。

 

傷口を目立たせたくない人である程度アポクリン汗腺を無くしたい人におすすめな手術方法です。

 

 

皮下組織削除法

 

カミソリの刃と皮膚を抑えるローラーを組み合わせた専用器具を使い、脇の下を約1センチ程切開し、皮膚の表面をローラーで転がしながらカミソリ部分で皮下組織ごと削って除去していく手術方法です。
皮下組織削除法で代表的なのはイナバ式皮下組織削除法と呼ばれています。

 

この手術の特徴は使う器具がハサミ状になっているため、除去する部位を均等にすることができるのです。

 

アポクリン汗腺やエクリン汗腺も削ぎ落とす事ができ、多汗症までも効果があるのです。傷口も目立たなくなるのも特徴の一つです。

 

 

デメリット

ただ、この手術法はギリギリまで汗腺を削ぎ落とすため、色素沈着してしまう事もありますし、技術力を要するため腕の立つ医師でないと成功する確率が下がってしまうのです。

 

そしてなりより、体に負担がかかってしまいますので、術後の回復期間が約1週間ほと安静にしなければならないのです。元の生活に戻るのも約2週間はかかってしまいます。

 

 

レーザー治療(ミラドライ)

 

皮膚を切らないため、手術と言うよりも治療法と言う方が適切です。
脇にマイクロ(電磁)波を照射し汗と臭いの元となる汗腺を破壊するのが特徴です。

 

  • 「ボトックスは効果が短いから」
  • 「手術は嫌だけど根元からアプローチしたい」

 

そのように思っている人に支持を受けている治療法なのです。

 

また、わきが治療法の他に多汗症までにもアプローチできる事もあり、傷口を1ミリも作らずに行う治療法なのです。

 

脇のコンプレックスを解消させてくれる魅力的な方法

 

ただ、マイクロ波を当てる事で術後に痛みを生じる場合もありますし、脇の腫れが出てきてしまう事もあります。

 

それに、このミラドライ治療をして、半年から1年くらい経過したら、臭いが再発したと言うケースもあるのです。治療費も高額なため、治療する際にはよく考えて行った方がよい治療法なのです。

 

 

ボトックス注射

 

ボツリヌス菌と言われる「毒」を脇の下に注射することで、神経の端末から分泌される伝達物質であるアセチルコリンの分泌を抑制する働きがあるのです。これにより、汗の分泌量をブロックしてくれるので、わきがの原因となる脇汗を抑える事ができます。それにより、菌の繁殖を防ぎ、結果的にわきが臭の軽減や多汗症の症状にも改善してくれるのです。

 

施術内容なので、わきが手術ではなく治療法として分類されます。

 

ボトックス注射は脇を切開しないため、傷口が残らないし短時間で治療が終わるメリットがあるので、すぐに日常生活に戻れるのが嬉しいですね。

 

ボトックス注射をしてから3日〜1週間程度で効果が出てくるのは嬉しいですが、その反面、1回の注射で効果は3〜6ヶ月くらいしか持続はできないのがデメリットなのです。

 

最短の時間で治療が出来る、手・足・額も可能なので、時間がなくてもすぐに「パパッ」と治療したい人には良いかもしれませんね。

 

 

電気凝固法

 

電気凝固法とは脇の毛穴1本1本に電気のハリを刺して高周波電流を流し、アポクリン汗腺と皮脂腺を熱凝固して破壊する治療法ですので、手術をしたくない方にはおすすめです。この電気凝固法で代表なのは「小林式絶縁針電気凝固法」と言われる治療法です。

 

もともとは脱毛に使われていたものを応用して、わきが治療に使われるようになりました。

 

エステではアポクリン汗腺を破壊するほど電圧が無い為、わきが治療は出来ないので注意してください。

 

この電気凝固法のポイントとしては、

 

  • 「汗より臭いにアプローチできる」
  • 「手術で脇を傷つけない」
  • 「一緒に永久脱毛もしてもらえる」

 

そんな人におすすめできるのがこの電気凝固法なのです。
わきが治療に加え、脱毛も出来るわけですので女性には嬉しい治療法だと思います。

 

ただ、完全にアポクリン汗腺を破壊するのもではなく、臭いを軽減させるには効果的ですので、「重度のわきが患者」には向いていないのです。

 

関連記事:【わきが手術の相場】保険の有無や種類別、手術費用を調査!

 

わきが軽度向きの治療法

 

ボトックス注射

 

電気凝固法

 

 

わきが軽度〜中度向きの治療法

 

レーザー治療(ミラドライ)

 

超音波吸引法

 

 

わきが中度〜重度向きの治療法

 

皮下組織吸引法

 

マイクロリムーブ法

 

皮下組織削除法

 

剪除法

 

 

まとめ

まとめ

 

わきが手術には色々と種類がある事がわかりました。わきが臭の度合い(軽度・中度・重度)によっても、その手術方法が違ってきます。
まずは自分がどの臭いの度合いなのか専門医とよく相談して確かめたほうが良いと思います。
ただ、中にはこんな人も少なくありません。

 

  • 「病院や美容クリニックに行くのが気まずい」
  • 「手術費や治療費が高額すぎて払えない」
  • 「失敗したらとイメージをすると怖い」
  • 「一時的に臭いがなくなればいい」

 

そんな人ならまずは自宅で簡単にできる臭い対策をやっても良いかと思います。自分で簡単に出来る対策としてはわきがクリームが口コミや人気もあって評価は高いです。当サイトでもおすすめのわきがクリームをご紹介してありますので、参考までにどうぞ!

 

 

 

 

わきがクリームランキングはコチラから!