ラポマインの効果と概要をご紹介

ラポマイン

ラポマインは各メディアでも注目している、わきがに悩んでいる人のための

 

わきがケア専用デオドラントクリーム

 

臭いはもちろんのこと、塗り続けることで肌の色もキレイになれる事が期待できるのです。

 

実際のお客さまからも去年の夏より確かにニオイが減っているという報告もあるらしい。
ニオイケアと同時に半袖でもノースリーブでも遠慮なく着られるようになれるから嬉しいですよね!

 

 

主な実績や注目ポイント

  • モンドセレクション2015,2016年2年連続銀賞受賞
  • 発売以来約10万本の大ヒット(リピート率84%)
  • ニオイ成分97.7%カット
  • 殺菌効果99.9%
  • 無着色・無香料・無添加

 

以前までのわきがクリームの場合は、肌を「乾燥」することでわきの臭いを消臭していました。
しかし、肌が乾燥すると余計な皮脂や汗の分泌を高めてしまい、より雑菌が繁殖してしまいやすい環境を作ってしまう事もあるのです。それにより、臭いが悪化してしまうのです。

 

ラポマインはこのメカニズムに着目し、乾燥して臭いを抑えるのではなく、「保湿」をして臭いを抑えようとするわきが専用クリームなのです。

 

 

 

ラポマインを使ってみた感想

当サイト管理人の私が実際にラポマインを使ってみました。わきに悩んでいる人が参考になれば幸いです。

 

 

ラポマインが到着しました!

ラポマイン梱包


 

 

 

 

中身はこんな感じになっています。

 

ラポマイン中身


タオル付きです。ちょっと嬉しい特典ですね!

 

 

 

 

商品のパッケージはコンパクトで可愛いですね!

 

2ac0efbcce24608532bafd72c88d8063-1024x682


シンプルなデザインなので目立たないようにしているのがイイ!他人の目がある場所(温泉などの更衣室)で使用しても他人目を引かないのがイイですね!容器も小さいので持ち運びには最適!

 

 

 

 

実際に使ってみたいと思います。

 

ラポマイン使う


 

 

 

ニベアよりはクリームファンデーションのようなやや柔らかめのテクスチャです。

 

中身のクリーム


ベタ付きもなく、乾きが早いですね。
クリームタイプのデメリットである「白い跡」が残らないので、衣服に色移りしないのがイイ感じです。
臭いも無いので柔軟剤などの他の香りを邪魔しないですね。(大抵の安いクリームはニオイを香りでごまかしているものがある)

 

 

 

 

国産だから安心できる!

 

ラポマイン


外国の物はニオイが悪かったり効果が薄い印象を受けるのですが国産の場合は日本の厳しいチェックを受けているので安心できます。

 

 

 

まとめ

ラポマインは、一時的な処置ではなく、使い続けることでより効果が高まっていくように感じれます。
市販品よりもちょっと高価なので、最後までしっかり使い切りたいと思いました。
そのユーザーからの「声」によって、ロールオンのように肌の雑菌を容器内に入れることがなく、最後の1gまでしっかりと使い切ることができる仕様となったみたいですね。

 

それに、私みたいに1日2回で大丈夫だと思っていても、急に汗をかいたりしたら不安になる人っていますよね。だから持ち歩きたい人にはすごいおすすめだと思います。
継続して使うにしても自分の肌の本来の力を高めて、「臭いがぶり返さないように作られている」と言うことを信じて毎日のケアをしっかりと続ける事で、続けた分だけ効果を得られるように期待しています。リピート率84%は口コミ評価が高い証明だと言えると思っています。

 

 

 

ラポマインの保湿成分|その効果とは?

ラポマインの保湿成分

ラポマインには厳選された21種類もの保湿成分を配合し、ダメージを受けた肌を内側からしっかりと潤し整え、余分な汗や皮脂、垢などの分泌を抑えてくれるのです。

 

 

ここでラポマインに含まれている保湿成分をご紹介したいと思います。

 

 

シナノキエキス

シナノキ科植物のシナノキの葉や花から抽出されるエキスで、メンタルハーブとして元々は利用されていました。現在では他にも効果が発見し、保湿効果や収れん効果、血行促進効果、抗菌効果、消炎効果など幅広く使われているのです。

 

 

オウバクエキス

キハダの樹皮から抽出されるエキスで、古くから日本の代表的な家庭薬として用いられていましたが、その他にも抗菌作用や肌荒れ改善効果が発見され、清潔に肌を守ってくれる働きがあるのです。

 

 

オトギリソウエキス

オトギリソウと言う多年生植物の葉や全草から抽出されるエキスで、ルチン、タンニン、クエルチトリンなどといった成分が豊富に含まれ、美容面では収れん効果、抗炎症作用があり、今注目を浴びているのがコラーゲンの量を増加させる作用があります。

 

 

ローマカミツレエキス

キク科植物のローマカミツレの花から抽出されるエキスで黄褐色の透明な液体です。成分はカマアズレン、カフェ一酸、フラボノイド類が含まれ、消炎効果、抗菌効果、皮膚代謝促進効果があり肌荒れ防止を目的として配合されています。

 

 

柿渋エキス

柿タンニンと言われる成分が含まれていて、ニオイを解消する効果があると言われています。柿渋には消臭剤でよく使われている茶カテキンの約25倍もの消臭効果があると言われているのです。今では消臭スプレーや洗剤、歯磨き粉など消臭に関連する商品に含まれているのです。

 

 

イソプロピルメチルフェノール

殺菌作用がある成分で、広範囲の抗菌性、抗真菌性があります。という事は、様々な細菌などに対して殺菌性がある成分なのです。ただ、イソプロピルメチルフェノール自体は強い殺菌作用があるため、肌の弱い人には刺激が強すぎるデメリットもあるのです。肌が弱い人は一度パッチテストなどをして確認したほうが良いと思います。

 

 

 

わきの臭いが発生しやすい年齢は10代後半〜30代

驚き!

わきがはホルモンの影響を受けやすいため、思春期になって体に変化が出始めると、汗や臭いも気になってくるものです。なので、成長期である10代〜20代前半は臭いが活発になりやすいのです。その後はしばらく安定しますが、30代以降になると再び臭いが活発化し、臭いにも変化がする人も多くなってくるのです。

 

ただ、ストレスによっても臭いを強く感じることがあるため、フルタイムで働く方や毎日精神的なストレスを感じてしまうような方は、その環境によって臭いにも変化が現れてしまうのです。以下の方も臭いを強めてしまうので注意が必要です!

 

  • 肉類や乳製品、脂肪分の高い食事を頻繁に摂る人
  • ジャンクフードが好きで野菜は比較的摂らない人
  • 生活習慣が不規則で夜中に夕食を摂る人
  • お風呂では”シャワーのみ”で済ませる人
  • 室外機(暖房・冷房)に頼った生活をしている人

 

 

この5つのポイントに当てはまる人は臭いを強めてしまいかねませんから要注意です!また、1つでも当てはまる人もすくなからず臭いを強くしているポイントを抑えていますので注意が必要です!

 

 

 

ラポマイン以外のわきがクリームも見てみる!