お酒を飲んだら脇の臭いは強くなるの!?

お酒と脇の臭い

お酒好きには信じ難い内容だと思います。

 

”お酒を飲んだら脇の臭いは強くなる”

 

お酒に含まれる”アルコール”には臭いに様々な影響を及ぼす事があるのです。

 

発汗の促進

 

アルコールは血管を拡張したり、体温を調節する中枢にまで働いて直接汗腺活動を高めたりして、発汗量を急激に促すのです。しかも、厄介なのが、アルコールによっての発汗は通常時の発汗よりも臭い成分が多く含まれている事があるのです。

 

また、アルコール自体にカロリーが多く含まれている為、体の中で酸化する事により、大量の熱を産生し、体温を上昇させるのです。すると、更に発汗の増加を招いてしまい汗の悪循環に陥ってしまう事もあるのです。

 

この悪循環で怖いのが、
「汗が次から次へと出てくる・・・。」

 

この思いがストレスを溜めてしまい、精神性発汗と言われる臭い成分を含んだ汗が出てしまい、更に脇から強い臭いが出てしまうことがあるのです。

 

最悪の事態ですよね・・・!

 

まだまだアルコールの怖い内容があるのです・・・。
アセトアルデヒドや酢酸と言うもっと強い臭いの物質に変わってしまう事もあるのです。大半は尿から排出されるので良いのですが、一部は汗や口からの息からも排泄されてしまうのです。

 

みなさんが良く知る二日酔いの特有な体臭なのです。

 

  • アルコールを飲んでから現れる発汗時での脇の臭い
  • アルコールを代謝してから現れる臭い物質の放出

 

アルコールは臭いのオンパレードになっているのです。お酒は臭いの塊を飲んでいると思ったほうが良いかもしれませんね。

 

 

 

少量(適量)のアルコールであれば体臭予防にも繋がる!?

体臭予防!?

先程の内容ではアルコールはわいの臭いは強くなると言いました。ですが、少量(適量)のアルコールであれば逆に臭いを抑えることが出来るかもしれないのです。

 

お酒好きにはちょっとした救いの神みたいな感じですね。身体の臭いを気にする方にとっては大好きなお酒を止めずに済む事が出来るのです。でも、少量のアルコールだけとなればそんなにお酒を飲むことは出来ないのですが、体臭がコンプレックスなのであれば仕方が無い事だと思われます。優先順位は身体の臭いが先ですからね。

 

では、少量のアルコールで体にどのような働きをもたらしてくれるのか?

 

キーワードは”活性酸素”です。

 

お酒に含まれるアルコールは少量であれば体の中で増えすぎた活性酸素を減らす働きがあるのです。

 

しかし、活性酸素と言えば本来は体にとって必要なものですが、逆にお酒を多く飲み過ぎてしまうと体の中で活性酸素が多く発生し酸化する事で、皮脂腺の中で”過酸化脂質”を多く産生してしまうのです。これは加齢臭の原因物質の一つと言われているのです。

 

体臭予防になるのはアルコールを摂取する量に関係があったのですね。

 

今回はお酒(アルコール)と脇の臭いの関係性についてご紹介しましたが、他にも脇の臭いに関係がある記事(内容)もございますので、参考までにどうぞ。

 

 

関連記事:体臭とワキガ臭の関係性

関連記事:わきの臭い対策

関連記事:外出先でのわきの臭い対策