わきの臭い対策に必要な事とは?

日本人の3人に1人はわきの臭いがくさいと言われています。
夏のシーズン、暑い季節での人ごみなどではよく汗をかく人も多いはず。その時にわきの部分からふわっと臭いがしてしまうともう恥ずかしいですよね。男性も恥ずかしいと思いますが、女性ならなおさら恥ずかしいと思います。こんな状況がないようにいつでもわきの臭い対策をしておきましょう!
ここではわきの臭いをどうすれば対処できるのか・対策できるのかをご紹介したいと思います。

 

衣服を綿素材や通気性のある素材を着る

できるだけわきの通気性を良くすることを心がける事が大切です。わきのにおいの原因は皮膚から分泌する成分とわきの湿った環境によって、雑菌が繁殖し出すのです。それがにおいの原因なのです。なので、着る服の素材を綿にすることで汗を吸い取りやすくし、雑菌の繁殖を防ぎます。
また、通気性の良い服の場合も速乾性があるので雑菌の繁殖を抑える事ができます。秋や冬などの比較的寒い季節の場合は綿系の素材を。春や夏の暑い季節では通気性のある服を選ぶようにすると良いと思います。

 

なるべく疲労やストレスを溜め込まないこと!

わきの臭いもその日によっても変わってきた事はありませんか?
ある日にはあまり臭わなかったのに、違う日ではすごいわきの臭いが酷かった・・・。
わきの臭いにも度合いがあるのです。
その原因と言われているのが”疲労”や”ストレス”なのです。
汗の中には血漿(けっしょう)と言う成分が多く含まれています。この血漿にはにおいの成分が多く含まれているのです。
正常な人の場合は血漿の中の成分を体の中に戻す事が出来るのですが、疲れやストレスによって体の機能が低下している場合には血漿の成分を体の中に戻せなくなってしまうのです。
すると、臭いの成分が汗と一緒に排出されるのです。
なので、疲労やストレスが溜まってしまうとわきの臭いも強くなってしまうのです。

 

動物性脂質と摂り過ぎない事

動物性脂質には臭いの原因とされるアポクリン汗腺の分泌を促す効果がある為、摂り過ぎには注意しましょう!
逆に動物性脂質を全く摂らないのも問題があります。
動物性脂質には体を動かす為のエネルギー源になりますので、とても重要な栄養素なのです。

 

動物性脂質が多い食品

肉類全般、牛乳、乳製品、チョコレート、アイスなどの洋菓子類などが多く含まれています。

 

 

この機会に日常生活でも臭い対策をして、臭いを抑える努力をしましょう!
最初のうちは効果はあまり現れないかと思います。それはダイエットと同じですよね。徐々にその効果が現れるのです。”継続は力なり”と言うように継続する努力も必要になってきますね。

 

 

 

わきの臭いが酷くてお悩みの方必見!当サイトオススメの対策グッズはコチラ!