肉食中心の生活はわきの臭いを強くしてしまう!?

肉食中心の生活は臭いに注意

今の日本の食文化は手軽に食べれるようになったファーストフード店などが立ち並ぶようになり、食生活も豊かになった反面、食生活も欧米化になっている傾向にあるのです。
原因は肉中心の生活にあるのです。

 

 

肉食中心の生活をするとどうなるのか?

 

 

肉類は動物性たんぱく質や脂肪などが豊富に含まれています。

 

この動物性たんぱく質と脂肪を多く体内に入れる事でアポクリン汗腺を刺激してしまう恐れがあると言う事なのです。

 

そうなると、アポクリン汗腺の分泌物が活性化されて臭いが強くなってしまう事があるのです。

 

その結果、「わきの臭いが強くなってしまう」と言うデメリットが出てきてしまっているのです。


 

 

なぜ肉類を摂る事で臭いが強くなるのかは詳しい事はまだわかっていないのですが、ある研究で

 

「野菜を食べた時と肉を食べた時ではどちらがわきが気になったのか?」

 

そんな質問をしたのです。
結果はほとんどの方が「肉を食べた時に臭いが気になった」そんな研究結果が出たのです。
と、言う事は少なからず肉を食べた成分の中にわきが臭を強くさせる要因があったのだと考えられるのです。

 

ここで言える事は肉中心の生活を長続きしてしまう場合は臭い対策もしっかりとやっておかなくてはならないと言う事ですね。

 

 

 

わきが臭以外に”体臭”も強敵だった!

体臭も強敵だった!?

わきの臭いが酷く気になる・・・。
もしかしたら!わきが”の可能性があるかも!?
わきが臭も本当にコンプレックスを持ってしまいますが、それ以外にも一般的な体臭によるわきからの臭いの可能性もあるので要注意なのです。

 

 

体臭は食生活によって、自分の体から発する”体臭”が気になるか気にならないかどちらにも傾いてしまうのです。バランスの良い食生活をしていればそれほど体臭は気になりませんが、偏った食生活をしているのであれば体臭は気になってしまいます。

 

 

なぜ体臭が気になってしまうのか?

体臭が気になる原因は”酸化”になるのです。
体内にある血液や体液、皮脂腺などから酸化反応が起こり、不快な臭い成分を生成されやすくなってしまうのです。

 

この時、体の中では”アルカリ性”から”酸性”に傾いてしまっている状態なのです。一般的に健康な人の血液のph値は「7.36〜7.44」の弱アルカリ性だと言われています。この数値がベスト!

 

なので、不快な臭いを感じた場合、もしかしたら体内の血液は酸性になっている可能性があります。これを改善するにはアルカリ性の食品を摂る事で改善されていきます。

 

 

 

わきの臭いを抑えるならアルカリ性の”梅干し”が効果的!

梅干しが効果的

肉中心の生活は止められない!でも、わきの臭いも抑えたい!
そんな人も少なくありません。

 

 

そんな時こそアルカリ性食品を摂るのが効果的なのです。

 

 

アルカリ性食品の中でもオススメなのが”梅干し”です。
梅干しを食べる事で体内の血液がアルカリ性に傾く効果があるのです。
肉中心の食生活をしているのであれば、体内の血液も酸性に傾いているはずです。それを食い止める為にもアルカリ性食品を摂取してバランスを取るようにしなければならないのです。

 

肉を食べたら一緒に梅干しを食べる事で「中和」され、体臭予防にも繋がるのでオススメです!

 

 

 

肉食中心の生活をしていてもアポクリン汗腺は増えない!?

驚き!

  • 肉ばかり食べていたらわきの臭いが強くなっている気がする・・・!?
  • もしかしたらわきが臭の原因であるアポクリン汗腺が増えているのでは!?

 

 

結果から言うと、どんなに肉中心の食生活を送ったとしてもわきが臭の元となるアポクリン汗腺の量は増えることはないのです。

 

 

そもそもわきがは遺伝による要因が強いと言われています。

 

産まれた時から決定されているので、どんなに肉食中心の生活を送ろうが,環境要因で変わる事はほぼないと言われています。
なので、アポクリン汗腺がない人が肉食中心の生活を送ったとしてもわきがになる事はないのです。

 

 

ただ、体臭などの臭いの度合いが強くなったりするだけなのです。
それでも、わきの臭いは誰だって嫌なものです。わきが体質の人でもそうでない人でも。
当サイトがオススメするわきの臭い専用のクリームをご紹介していますので合わせてどうぞ!

 

 

 

 

わきの臭い専用クリームランキング