【人に言えない】わきが手術に関する悩み事

悩み事

わきの臭いが他の人よりも数倍ヒドイ・・・。もしかして・・・わきがかも!?
わきがになってしまうと男性でも女性でもコンプレックスになるくらい嫌なものです。出来れば早く治したいと思うはずです。

 

わきが治療は手術で完治する

 

現在では、わきがの治療方法は手術でのみ完治は難しいとされています。
でも、実際にはそうはならない人が多いのです。

 

一言でわきが手術と言っても人それぞれ悩むポイントがあるはずです。
金銭面、身体の問題など色々とあるものです。

 

そんな、わきが手術に関する悩み事を解消する為の内容をご紹介します。

 

わきが手術にかかる費用(料金)とは?

わきが手術と言ってもいくつか種類があり、大きく分けると2種類に分けることが出来ます。

 

直視下手術法

プロの専門医が自らの目でアポクリン汗腺を除去する手術方法(専門医の高い技術力が求められる)

 

剪除法(せんじょほう)

 

手術費用:30〜50万円(保険適用可能)

 

現在では最も多くの病院で行われている手術方法です。
実際に専門医が自らの目でアポクリン汗腺を一つずつ除去していくわけなので、確実に除去してもらえるのが最大のメリット!

 

ポイントは高い技術力を持った医師を選ぶ。

 

 

非直視下手術法

プロの専門医が機械などを使ってアポクリン汗腺を除去する手術方法

 

超音波吸引治療法

 

手術費用:18〜30万円

 

超音波を発生させ、その熱でアポクリン汗腺を破壊しながら皮下脂肪を吸引します。
アポクリン汗腺除去率は良いのですが、全部を取り除く事は難しい模様。
それに、やけどなどのリスクが起こりうる可能性もあります。

 

 

皮下組織吸引法

 

手術費用:15万円〜

 

わきの下に1センチくらいの穴を開け、そこから細い管を通してアポクリン汗腺、エクリン汗腺、皮脂腺などをかき出しながら吸引してくれるので、広い範囲にアプローチできる。

 

アポクリン汗腺をすべて取り除いてくれる訳ではないのです。再発する可能性も有り・・・。

 

 

皮下組織削除法

 

手術費用:20〜40万円

 

アポクリン汗腺を除去する為の専用の器具を使った手術方法です。

 

術後はわきをしめて1週間程度は安静にしなければならないので、回復に時間を要します。また、専門医の高い技術力が求められる手術方法なのでしっかりと見極める事が大事です。

 

 

わきが手術って保険適用なの?

保険適用なの?

わきが手術は保険適用しています!

 

保険適用で3万円〜5万円程度でわきが手術をする事が可能です。

 

しかし、保険適用している所と保険適応外の所もあるのでまず先にチェックしておいた方が良いです。

 

病院やクリニックは保険診療を行ってくれる事が必須です。

 

美容外科や美容クリニックでは自由診療しか行ってくれない所が多いようです。

 

小さい病院より大きな病院の方が保険診療を認めてくれる所が多いようです。

 

傷跡って残ってしまうものなの?

手術方法によっては傷口が小さい事もあれば広く残ってしまったりするものもあります。ここでは各わきが手術方法によってどのくらい傷口があるのかをご紹介します。

 

剪除法(せんじょほう)

他の手術方法に比べメスを入れる幅が長いので傷跡が結構残ってしまう

 

超音波吸引治療法

超音波の熱を利用するので傷口は小さい

 

皮下組織吸引法

わきの下に1センチくらいの穴を開けるくらいなので傷跡が少なく、広い範囲にアプローチできる

 

皮下組織削除法

わきの下に1センチ程切開しますのが、思ったよりも傷口が小さい

 

わきが手術で失敗はつきもの?

失敗はつきもの?

残念ですが、プロの専門医でも失敗はあります。人間100%なんか有り得ないのです。

 

わきがの手術は臭いの元であるアポクリン汗腺をいかにきれいに除去するかによって左右されるのです。これは、専門医の技術によるところが大きいと思います。
すべてアポクリン汗腺を除去できた人は再発の恐れはないのですが、少しでも皮膚内にアポクリン汗腺があるのであれば、再発の恐れは出てくるのです。

 

失敗しない為にも、実際にわきが手術をした事がある人に話を聞いてみたり、口コミなどで信頼できるところを探してみたりする事だと思います。

 

後は、私の個人的な意見なのですが、信頼できる専門医はもちろんの事、保険適用外の所でわきが手術をしてもらうのもいいかと思います。保険適用している所だと、それだけ多くのわきが患者が手術をしに行くと思われます。多くの患者が行くと言う事は専門医にかかる体力的な負担等もあるわけです。
それなら、保険適用外の所でわきが手術をしてもらう事で専門医にかかる負担も解消され、しっかりとわきが手術をしてもらう事が出来ると思うのです。

 

一度病院・クリニックでわきがの程度をチェック!

「わきの臭いが酷いから絶対わきがだ!」
そう思ったとしても、実際はわきがではなかった事も有り得るのです。
「わきが対策用の薬品を使い続けたら臭いは無くなった!」
そんなケースもあるのです。

 

もし、本気でわきがの手術を行うのであれば、本当にわきがなのかどうかをまずはチェックする事が大切です。

 

例えば、クリニックへ行ってわきがの程度”「重度」・「中等度」・「軽度」”と診断があるとします。
重度から中等度くらいの診断結果が出れば手術はしてくれるのですが、中等度以下であれば病院側でも手術をしてくれない場合もあるのです。

 

 

手術をしなくても良い状態でしたら手術をしなくても、今ではわきが対策用のクリームなど臭いを1日中抑えてくれる物もありますからまずはそれを継続的に使ってみることをオススメします。
それで臭いが全然抑えれないようであれば病院へ行って手術の相談などをすれば良いと思います。

 

 

 

当サイトオススメ!臭いを激抑えしてくれるわきがクリームはコチラ!