わきがかどうかチェックしてみよう

わきがチェック!

わきがは正式には腋臭症(えきしゅうしょう)と言い、日本、韓国、中国辺りでは治療する方がたくさんいます。また、日本では1番、わきがの研究にチカラを入れている国でもあります。
逆に、欧米諸国ではわきがや体臭は生理学的現象の1つとされていて、不快に思う人は少ないようです。

 

日本人はわきのニオイには敏感です。ですので、わきのニオイの悩みには非常にデリケートな方がたくさんいます。周りに臭っているかどうか、聞きたくてもなかなか言えないですし、逆に臭っている人にも伝えにくいものです。
そこで、自分がわきが体質かどうかを知るためのセフルチェックをしてみましょう。

 

 

耳垢が湿っぽくないか

わきが体質の多くは、耳垢が少し湿っぽくなっている方が多いです。耳垢にも種類があり、乾燥した耳垢(コナ耳)と湿っている耳垢(アメ耳・ジル耳)があります。地域によっては、アメ耳と言ったり、ジル耳と言ったりしているそうです。
ちなみに、日本人はコナ耳が多く、アメ耳・ジル耳には欧米人が比較的多いです。
欧米人は日本人よりも体臭やわきがが多いのはみなさんご存知ですよね。
ですので、わきが体質の方は湿っぽい耳垢(アメ耳・ジル耳)が多いのです。
耳の中にもわきがの原因となるアポクリン汗腺が多いですから。

 

両親のどちらかがわきが、もしくは耳垢が湿っている(アメ耳・ジル耳)

わきがは遺伝すると言います。ですので両親のどちらかにわきがの原因の元となる人がいれば、わきがになる確率が高くなってしまいます。必ずしもわきがになると言うわけではありません。もし、該当する方がいれば、この瞬間から対策を意識するのが良いかもしれません。

 

洋服のわきに黄ばんだシミがついていないか

洋服に黄ばんだシミがついている人はわきがの可能性があります。
この黄ばみと言うのが、わきがの原因となる「アポクリン汗腺」によるものだからです。
アポクリン汗腺から分泌している成分「たんぱく質」「脂質」「脂肪酸」「ステロイド」などがあります。
が、その分泌している成分の中でも「リポフスチン」と言う色素成分も分泌されているのです。これにより、服のわきなどに黄ばみが付いてしまうのです。わきがの方はこの「リポフスチン」の分泌量が多いのです。

 

毛深い体質か

毛深い体質の方もわきがの可能性が高いのです。
毛が多いと言うことは、それだけ毛根にある、アポクリン汗腺(わきがの原因)も多いと言う事になります。毛深い人は毛根に汗がとどまりやすく、菌が繁殖しやすい環境を整えてしまっているのです。それに、臭いも強烈になる方も多いようです。

 

以上の4つのチェックになります。

 

 

すべて当てはまった方はわきがの可能性が高いです。
また、医師の診断でも、1.2に当てはまる方がいれば、その方もわきがの可能性が高いと言う診断がついてしまいます。
しかし、あくまでセフルチェック(自己診断)ですので、「すぐに手術をしないといけない」と言うわけではありません。

 

 

 

まずは簡単に出来る「わきが専用クリーム」から